続続 SEGA nu
2019.01.14
さてさて、文鎮化したとおもわれたNuですが、FVEKは取得できてますね。
OSパーティションの他にBitlockerがかかっているパーティションは2つ(つまり計3つ)あるんですが、
オートアンロック機能でブート時にOS以外も自動で解除されるんですね。
というわけで、必要な分のFVEKはすべて入手できました。
とすると、別に文鎮化したわけでは無く、起動しないだけで必要なデータはすべて残っていてアクセス可能なわけですね。
なので、特に新たなNuを仕入れてくる必要なないわけでした。

が、まあしかし、キーチップが消されるってのは怖いので。。。

なんか大量に出回ってるキー付きのNu SXを仕入れてみました。
まあこれもたぶんセキュリティ的には同じ構成のようで、SX用のキーチップをNuに刺しても普通に認識しますね。当然ゲームは起動しませんが。

で、Nuのセキュリティ関連の構造なんですが、
OSと一部データがBitLockerで暗号化されています。
ゲーム自体はBitLockerが掛かってないパーティションに、HDDイメージとして独自暗号化されたファイルがおいてあります。
NuのインストールDVDに入ってるアレです。
なので、NuSXから暗号化されてるゲームイメージを引き抜いてくることは誰でも簡単にできます。

そうなると、これをNu(SXではないほう)で起動できないかって話ですよ。
これが出来ればキーチップから解除キーを読み出して、ゲームイメージを復号する一連の流れに安心してデバッガとかかけれるわけですね。

・・・・がんばりました。



NuSXのゲームイメージの展開までは成功しました。
日本語のコメントがあるっていいですよね・・・。

まだ解析できてない部分が多々あるので、本命キーチップでやろうという気はまだしませんが、
これでキーチップのダンプとHDDイメージの復号処理の解析はかなり進みそうです。
2019.01.14 03:42 | 固定リンク | 未分類 | コメント (0)

- CafeNote -